宝塚歌劇団花組公演「ポーの一族」正直な感想@東京宝塚劇場

2月25日(日)11時公演観劇
セディナカードの貸切公演

宝塚は2回目。
このポスター見た瞬間から、観たい!って思っていました。
すんごく好きな感じで惹きつけられる。ぞわぞわ血が騒ぐ感じ!笑

ポーの一族は名前も聞いたこともなく、事前の予備知識はあえてゼロにして観劇。
私は、特定の推しもいないので、正直に思ったままを書いておく。
ネタバレ有りなのでご注意ください。

・エドガーちょっとお疲れな感じがした、本当にすごくハードなんだろうなあと夢の裏側を見たような気がした。表情の作り方とかが素晴らしくて、魅入ってしまう。素晴らしいお方。
・特別な趣味はないのだけど、エドガーとアランの2人のシーンはドキドキしてしまう笑
本当に本当に美しい。体の線が細くて綺麗だから、2人の踊るシーンは特に好きだった。前半のラストとかも好き。
・個人的にはアラン派
・メリーベルが可愛い。お洋服もステキで、ピンクのロリィタ服っぽいのもお召しになっていました。
・シーラは、絶世の美女。美人。あんな女性になりたいです。
・今回、一番感動したことが、大人が演じている子供が本当に子供のようだったことです。当たり前なのかもしれないけど、衝撃でした。仕草や表情、声の出し方まで、凄すぎる。
同じ方が別のシーンでは、全然違う役割をこなしていることにさらに衝撃で、その豹変?変幻ぶりに感激しました。人間ってすごい。
・最後のショー?で綺麗なお姉様たちが頭に赤い羽つけて、黒いバニーちゃんみたいな服装で赤いヒール履いて足あげて踊るのあれ好き。
・かっこよく決まるとことか感動する。じゃんっ!て!
・物語自体は好きじゃなかったです。ラストのあまり報われない感じがしんどい。
・エドガーとメリーベルが久しぶりに再会したシーンは涙出てしまった。
・美少年が好きな人は絶対見た方が良い!笑

開演前にお土産ショップ覗いたけど、宝塚のお土産は華やかで可愛くていいな〜
品があるなー何も買わなかったけれど。

オリジナルドリンクやデザートがあって楽しいよね!

ローズティーも飲んで見たいなー

せっかくなのでバラの花園のカクテルを飲みました。
アルコールは弱めで炭酸。
バラの味がほんのりしました。

しゅわしゅわの泡
味は特に美味しくはなかったです。

ポーの一族を観劇後、有楽町を歩くと、世界観のギャップでなぜか落ち込みました笑

席はS席1階の17列で、思ったよりは近かったですが、オペラグラスないとダメ。
周りの人もみんなオペラグラス使っていました。

夢のひと時、ありがとうございます。

漫画とか小説を読んで見たくなりました。
事前に予習していたら、また違った景色が観れたのかもしれません。

スポンサーリンク