バリ島26歳女一人旅〜7日目、クタビーチ、クロボカン・スミニャック散策、タナロット寺院他

今日は、バリ島旅行7日目、観光できる最後の日です。

帰国日である今日をどう過ごそうか悩んでいたのですが、観光することにしました。

すごく良くしてもらったので、またガネーシャバリツアーのカーチャーターをお願いしました。
今回は、現地でホテルの方に電話を借りて申し込みましたが、日本語ペラペラで安心でした。

Sama Sama Suites & Restaurantの朝食

オレンジジュースとサンドイッチです。
朝から豪勢で嬉しい!味もすごくいい。

今日はお部屋で食べました。

そして、仲良くなった男の子に挨拶して、ホテルチェックアウト。

実は最終日にお腹を壊してしまい、昨日冷たいものをたくさん飲んだ&生理になってしまったのが原因です。
どうなることやら、心配だったのですが、日本から持参した薬を飲んだので無事大丈夫でした。

カーチャーターは、今日もガネーシャバリツアーのスガちゃんで安心。
スガちゃんにお腹壊した話をすると、スガちゃんは、賞味期限切れのものを食べて、1週間入院したことがあるらしく、びっくりしました。

クタビーチ

綺麗でした。

クタビーチは、貴重品に注意とのことです。
午前中だけど、物売りの人もちらほらいました。
あんまり、ゆっくり、のんびりできるようなビーチではないかもしれません。

ビーチボーイは日本語話せます笑

旗。

サーフィンしている人もいました。

ビーチウォーク

高そうなものが売っています。

ぶらぶらします。

日本でも売ってるようなアイス。

バリっぽいものを発見。

クロボカン・スミニャック散策

スミニャックスクエアが街の中心です。
駐車場はここにしかないので、車を使う人はこちらに停めます。

お洒落なカフェがたくさんあります。
ウブドのような、ザワザワした感じは少なく、洗練された雰囲気が漂っています。

見ていて楽しい絵があちこちに描かれています。

アフロ!

面白いイラストで思わず写真。

素敵な空間。

The Bistrot バリ島のお洒落なレストラン

一際、雰囲気の良い、レストランを見つけて入ってみることに。
フォトジェニックな場所として、日本でも話題のスポットでした。

緑に覆われています。

店内からの外の様子。

ライムとミントのジュース。
バリのミントジュースはやっぱり、葉っぱがそのまま砕かれているので、スーっとします。

ゆっくり休憩できました。

レトロなテレビが飾られていました。

店内の様子です。
夜も雰囲気が良さそう。

お手洗いは2階にあります。

店員さんの制服も可愛かったです。

CARLA HOUSE  Beauty&Spa

シャンプーをしてもらいたくて、お店を探していて見つけたのがこちらのお店です。
美容室とマッサージが一緒になっているお店。

ふらっと立ち寄って、大当たりでした!

ヘッドスパ(45分、Rp.100,000)をお願いしたのですが、女の子の腕が良かったです。
マッサージ系は、担当してもらう人との相性がかなり大きいと思うのですが、私は相性が良くて、行って良かったです。
日本人よりも丁寧にやってくれました。

本当は足のマッサージもお願いしたかったけれど、時間的に諦めました。

値段も安いし、毎日通いたくなります。

かなりオススメです。

再び、ジャラン・ジャラン

ウブドのアロマ美術館でも見かけた、赤・青・黄色の人物像?
クロボカンのホテルでも見つけました。

入りたかったけど、混んでてやめた、Sea Circus(シーサーカス)というカフェ。
外観に反して、店内は広いです。

ガイドのスガちゃんオススメのお店、スミニャックにある、
Rumours Restaurant(ルモアーズ レストラン)
赤い唇のマークが目印です!

私はお腹いっぱいで行けませんでした。

スミニャックスクエアに戻ってきました。
アイラブバリ!

タナロット寺院

最後は、タナロット寺院に行ってきました。
天候が悪くて、夕日は見れませんでしたが、偶然にもお祭りがやっていて、正装をした人々がお供え物を持って寺院に向かう行列を見ることができました。

頭に聖水をかける様子、お祈りをする様子を見させていただきました。

人が多くて賑やかです。

楽器の演奏もあります。

正装、素敵だなあと思いました。

寺院も人々の服装も、黄色と白で統一されており、この色にも意味があって、
神様と力(パワー)を象徴しているのだそうです。

お供え物は、自分が食べたいものを持っていくそうで、お供えした後に、その場で食べている人々もいました。

女性は生理中、寺院の境内には入れない決まりがあり、入れない場所もありました。

お花。

人々が帰る様子です。

ングラ・ライ国際空港(デンパサール空港)

20時頃、ングラ・ライ国際空港に到着しました。
エアアジアで、22時50分発の成田空港行きの飛行機で帰ります。

2日間お世話になった、ガネーシャバリツアーのスガちゃんと握手してお別れしました。
最後まで親切にしていただきました。

ありがとうございました。

指名もできるので、カーチャーター利用される方はおすすめです。
ガネーシャバリツアー

私もまた、バリに来ようっと!

空港の様子です。

飛行機のフライトを確認!
行きは荷物の手数料で1万円も取られてしまったので、帰りは機内に持ち込めるように洋服を捨てたり、着込んだり頑張ったのですが、重量確認されることもなく、余裕でした。

一安心です。

免税店エリアには、大きなクリスマスツリーがありました。

飲食店もお土産屋さんもいろいろありました。
なんだかんだで時間は潰せます。

3時間程前について、私はいろいろ見たかったのでギリギリでした笑

made’s WARUNG

バリ島最後のご飯はこちらでいただきます。
アイスティーと野菜多めのナシチャンプルを頼みました。
合わせてRp.150,000くらいでした。

バリ島のご飯はやっぱり美味しいです。
また食べたいと思います。

出発前にお水買っておこうと思ったら、コンビニの3倍くらいの値段でビビりました笑

最後に、両替所でルピアを円にしました。
両替所がちゃんとあってよかったー!
日本でルピアを円にすると、レートが悪すぎて紙くず同然なのと、汚いお札は受け取ってもらえないらしいので、余ったお金は、バリできちんと日本円にしておいた方が良いです。

成田空港で、ユニセフ募金できる箱もあったので、募金するのも手だと思います!
次の日の朝7時20分頃、成田空港に無事到着しました。

私の旅を助けてくれたガイドブックはこちらの2冊です。
始めは2冊もいらないかも、と思ったのですが、両方とも買っておいて正解でした。

地図は、地球の歩き方の方が細かく掲載されていてずっとわかりやすいです。
(道に迷った時に非常に助かりました)

arucoは、カーチャーターをお願いした際に、効率の良い周り方が書いてあったので、参考になりました。また、お店やお土産選びにもヒントをくれました。

楽しい6泊8日の旅でしたー!
私はバリ島との相性がすごく良かったので、また行きます。
女一人旅でしたが、1回も危ないことも騙されることもなく、バリ島の人々は親切で友好的でした。
化粧も1回もせず笑、肩肘張らずに好きに楽しめるところで、気持ち的にも楽でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
バリ島に行かれる方は楽しんで行って来てください!

スポンサーリンク