たけのこ堀りってどうやるの?実家に竹の山があるので説明してみる!

ゆきです💫

実家の裏が竹林なので、この時期は筍を堀りに来るお客様がたくさん来ます!
田舎っ子の私には日常ですが
東京から来るお客さんには、珍しいそうです。
毎年、リピートで来て下さる方がほとんどです。

筍堀りへ行ってみたいな~!という方に向けて😳💕
記事を書きます✍

筍堀りができる時期

たけのこは、今が旬でして3月末~5月の上旬に採ることができます。
その年の気候によって左右されます。
早く行き過ぎても出ていなくて、探すのが大変です。
遅いと、細い筍が多くなってしまいます。
採られなかった筍は→成長して竹になります🎍

ベストなタイミングを狙ってください👌🌟
今年(2017年)はでるのが遅いので、今から予定を入れても良いですね~‼

ふさわしい服装

動きやすい服装が良いです。
汚れてオッケーな服装で行ってください。泥がついて汚れます。
上はジャージ、下はジーパンとかでOK
肌の露出はやめてネ!

着替えを持って行くとGOOD😌

靴に関しては、足場の悪い場所が多いので、スニーカーが良いですよ!
私の家族は、長靴履いてます。

使う道具

・軍手
・鍬
・背負いかご→なければバケツでも代用できます。
・シャベル→小さい子がいるときにあると良いです♪

🙂「写真は、背負いかごと鍬です。」

たけのこの掘り方

地面から筍の頭が出ているので、探してみましょう。
一つ見つけると、その近くにもあるかもしれません❗
歩いていて踏んで気づくこともありますよ~

👀💡「発見」

見つけたら、
周りを鍬で掘っていき、筍の向きや根がどの方向を向いているのかを把握してください。
筍のぶつぶつした根っこ(紫)が見えてくるまで掘れたら、
向いている方向の根をめがけて切ります。

最初は筍に鍬が刺さってしまったり、途中で切ってしまったり、ということもあると思います。
いくつか掘るうちに、コツが掴めると思います!

😊「じゃ~ん!採れました~!」

子供のころは、筍の皮を包丁で毛を削ぎ、
梅干しをくるんで、輪ゴムでとめたものをしゃぶったりもしてました。
昔のおやつだそう。

美味しい筍

筍は朝採りが美味しいので、人に配る時はその日の朝に採ることがオススメです!

北海道では竹林がなく、太い筍が採れないため、送ると喜んでもらえます💕
ただ、調理に手間がかかってしまうので、人によりますね😵

意外と体力の必要な「たけのこ堀り」ですが(筋肉痛になる)
頑張って自分で採れた分は、もっと美味しいような気がします(笑)

たけのこ堀りのツアーや体験できる場所がありますので、みなさんぜひ行ってみてください☺

最後まで読んでくださり、ありがとうございました❤

スポンサーリンク