かっこいい、お洒落な四字熟語【水を含む】

ゆきです💫

かっこいい・お洒落な四字熟語を紹介します❤

以前のこちらの記事が評判良かったので、

【女子向け♥】可愛い、お洒落な四字熟語【花が入る】

シリーズ化したいな~と思います(*´▽`*)

今回は、四字熟語に「水」が含まれるものを選びました!

 

落下流水(らっかりゅうすい)

落ちる花と流れていく水のことで、過ぎていく春のこと。
または、人や物おちぶれることや、男女の気持ちが通じ合うことのたとえ。
流水に花が落ちれば、花を浮かせたまま流れていくように、男に慕う心があれば、女にも情が生じ男を受け入れるという意味から。

出典は、高駢「訪隠者不遇」

by 四字熟語辞典オンライン

 

鏡花水月(きょうかすいげつ)

鏡花水月とは、目で見ることはできるが、手に取ることができないもののたとえ。はかない幻のたとえ。また、言葉では説明できないような奥深い味わいのたとえ。

出典は、『詩家直説』

by平明四字熟語辞典

 

明鏡止水(めいきょうしすい)

一点の曇りもない鏡と流れずにとどまる水のこと。

明鏡止水とは、邪念が無く、静かに落ち着いて澄みきった心の状態のたとえ。

出典は、『荘子』

by 故事ことわざ辞典

 

水紫山明(すいしさんめい)

澄み渡った自然の景観が美しいこと。
山は日光で紫色にかすみ、川はきれいに澄んでいるという意味から。

出典は、頼山陽「題自画山水」

by 四字熟語辞典オンライン

 

一水四見(いっすいしけん)

仏教用語です。

同じ一つの水でも、天人は宝池と見、人間は水と見、餓鬼は血と見、魚は住家と見る如く、ものも見る者によって異なるという教え。

by weblio辞書

 

水光接天(すいこうせってん)

月光が川面にうつって輝き、遠くに広がり、空まで続いていること。

出典は、蘇軾「前赤壁賦」

by 四字熟語データバンク

 

知者楽水(ちしゃらくすい)

知恵のある人は水が流れることを好んで楽しむということ。
水がよどみなく流れる様子が、知恵が滞ることなく働くことに似ていることから。
「知者は水を楽しむ」とも読む。

出典は、『論語』「雍也」

by 四字熟語辞典オンライン

 

水天一碧(すいてんいっぺき)

水天一色と同義語です。

水と空とが一続きになって、一様に青々としていること。
「水天」は水と空、海と空。「一碧」は一面に青い色となること。「碧」は深い青色、あおみどり。

by goo辞書

 

採菓汲水(さいかきっすい)

厳しい仏道修行のたとえ。仏に供えるため、木の実を採り、花を摘み、水を汲む意から。

出典は、『法華経』

by goo辞書

 

行雲流水(こううんりゅうすい)

空行く雲や流れる水のように,一事に執着せず,自然にまかせて行動すること。

by weblio辞書

 

いかがでしたか?
心に響く四字熟語が見つかったら嬉しいです💓

 

 

スポンサーリンク